男性にも女性にも役立つ資格と使える資格!その勉強法は?

資格取得の動機と取得すべき資格とは?

資格取得の動機について考える!

 

資格の取得には、難易度にもよりますが、それ相応の努力が必要です。

 

しっかりとした動機がないと、資格の取得は難しいです。

 

そのため、諦めずに勉強を続けられるだけの動機が必要になってきます。

 

ただ、動機は何でも構いません。

 

資格取得

 

 

一般的には、次のような動機が考えられます。

 

  • 現在の仕事に不満(給料など)がある。
  • 将来に不安がある。
  • 自分がしたい仕事に就く(就職・転職)ために必要である。
  • 資格の取得に生き甲斐を感じている。

 

これらは、ほんの一例ですが。

 

自分自身で、どうして資格を取得したいのか、きっちりと整理してみるとよいです。

 

それでも、資格を取得すると、決意したのであれば、もう迷う必要はありません。

 

すぐに行動に移すべきです。

 

 

どのような資格を取得すべきか?

 

取得する資格については、慎重に考える必要があります。

 

と言うのも、ここを失敗すれば、せっかく取得しても、何の意味もないためです。

 

どういうことかと言うかと、役に立たない、使えない資格を取得してもまったくの無駄ということです。

 

 

では、役に立つ、使える資格とはどのようなものなのでしょうか?

 

それは、仕事だけでなく、趣味でも、日常生活でも、本当に取ってよかったと満足できる資格のことです。

 

取っても使い道がなく、後悔するようなことだけは避けなければなりません。

 

そのため、どのような資格を取得すべきなのか、じっくり考える必要があります。

 

資格取得

 

 

スキルアップ(自己啓発)のため資格を取る。

 

就職・転職のために、収入・ステータスの高い資格を取る。

 

他資格へのステップアップのために取る。

 

会社からの強制により取る。

 

理由は何でもよいのですが、とにかく稼げる資格・収入のアップにつながる資格を取りたいという人が多いと思います。

 

客観的に見て、本当に稼げるのか、収入アップにつながるのかをきちんと見極めなければなりません。

 

そうしないと、気がつけばまったく意味のない資格を取っていたということになってしまいます。

 

取りたいと思った資格を取得したのはよいですが、求人の募集がなかったり、収入が低かったりすることもよくあります。

 

特に、30歳を超えると、求人が極端に減ります。

 

独立開業系の資格で、どこかの事務所での下積みが必要な場合は、資格を取得してもかなり厳しい現実が待っています。

 

こういったこともリサーチしておかないといけません。

 

そのため、趣味のためと割り切るのであればよいですが、そうでないのなら、どの資格にすべきかをよく考えて決めた方がよいです。

 

必ずしも、自分の得意ジャンルの資格や興味のある資格を取ればよいというわけではありません。