日商簿記検定試験の独学での合格体験記と戦略

日商簿記検定試験の独学での合格体験記と戦略

日商簿記検定試験の結果と自己評価、合格証書

比較的落ち着いて日商簿記検定2級の試験日を迎えることができました。

 

自分なりに、しっかりと準備できたためです。

 

それに、試験が年に3回実施されるので、ダメならまた受ければよいということで気が楽でした。

 

国家資格は年に1回のものが多いので、不合格ならまた1年勉強しなければなりません。

 

そういう意味では、あまりプレッシャーを感じることなく受験できました。
日商簿記検定試験 独学 合格体験記

 

 

この回は予想以上に素直な問題が多く、得点しやすく感じました。

 

私が試験前に考えていたとおりの問題がたくさん出題されました。

 

ここ数回の試験問題を見れば、ある程度どのような問題が出題されるのかを予想できます。

 

ただ、いつも予想どおりにはいきませんが。

 

私は、本当に運がよかったです。

 

 

日商簿記検定試験は運が悪いと、まったく予想していないような奇問が出題されることがあります。

 

当然、そういう回を受験すると、合格は難しいですね。

 

そのような回に当たれば、最善を尽くしてダメなら、次も受験しましょう。

 

引きずるのが、1番いけません。

 

 

予想していた問題が多かったので、一部を除いてほとんど悩むことなく、解答することができました。

 

そのため、解答終了後合格を確信しました。

 

 

試験の結果は、次のとおりです。

 

 

<商業簿記>
仕訳問題 12/20
普通仕訳帳及び特殊仕訳帳 20/20
損益計算書 14/20

 

<工業簿記>
補助部門費配賦表 20/20
組別総合原価計算表 20/20

 

合計 86/100

 

 

後日郵送されてきた合格証書です。

 

日商簿記検定試験 合格証書

 

 

日商簿記検定試験2級の勉強方法

私は1級を取得していません。

 

そのため、以前に取得した2級に関しての勉強方法をご紹介します。

 

 

3級を受けてから、2級を受けるまでに5年以上のブランクがありました。

 

2級の勉強を始める時には、もう3級で学んだことをすっかり忘れてしまっていました。

 

そのため、3級の復習から始めないといけませんでした。

 

 

まずは、テキストと問題集を選びます。

 

日商簿記検定試験は非常にメジャーな試験のため、たくさんのテキストや問題集が市販されています。

 

大きな書店に行くと、どれにしようかと迷ってしまいます。

 

 

その中から、私が見つけたのは、サクッとうかる」シリーズです。

 

本当にわかりやすく書かれているので、スッと頭に入ってきます。

 

わかりやすいので、勉強がはかどります。

 

このシリーズの3級用(商業簿記)と2級用(商業簿記・工業簿記)のテキストを購入しました。

 

書籍名は忘れてしまいましたが、解説がわかりやすそうな過去問も購入しました。

 

 

3級については、テキストのみを読みました。

 

かなり年数が経っていましたが、1度はマスターしただけに読めばすぐに記憶が甦ってきました。

 

ここは軽く済ませて、すぐに2級のテキストに移りました。

 

1度も3級を勉強していない人は、きっちりとマスターしてから2級に進まないと、ちんぷんかんぷんでまったく理解できないと思います。

 

日商簿記検定試験 勉強方法

 

 

2級の勉強方法は、至ってシンプルです。

 

商業簿記のテキストを読んで、関連する過去問を解きました。

 

これをひたすら繰り返して、最後までやり切りました。

 

 

今度は、問題集の方から先に解きました。

 

間違えたところを中心に、テキストで確認しました。

 

 

これが終わると、工業簿記に入りました。

 

勉強方法は、商業簿記とまったく同じです。

 

この後は、ひたすら過去問題を解きまくりました。

 

 

ここまで来れば、あとは時間内にすべての問題が解けるかどうかだけです。

 

そのため、本番形式の予想問題集をもう1冊購入しました。

 

時間を計って、全問をとおして解いてみました。

 

正確に早く解けるように練習をしました。

 

 

簿記検定試験は、とにかく過去問です。

 

過去問レベルの問題が、時間内にきっちりと解けるようになれば合格できる可能性が高いです。

 

そのため、戦略としては“テキストを読んで過去問を解く”が基本です。

 

あとは、時間内に正確に解けるように訓練するだけです。

 

ここまでクリアできるように、本番までのスケジュールを立てればOKです。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ