日商簿記検定は就職・転職に有利?履歴書の書き方は?

日商簿記検定は就職・転職に有利?

 

日商簿記検定(1・2・3・4級)取得のメリットについてご紹介しています。

 

この資格だけで独立開業することは難しいですが、どのような会社(個人商店から大企業)にも会計部門や経理課などがありますので、どこでも資格を活かすことが可能です。

 

ほとんどの企業で取得者を高く評価する傾向にあります。

 

そのため、取得しておくといろいろなメリットがあります。

 

日商簿記検定 就職 転職

 

 

給料やボーナスが上ったり、手当が付くことがあります。

 

職場でのキャリアアップのためや、待遇面をよくするために取得する人もいます。

 

また、同資格を採用する際の判断材料に考えている企業もあります。

 

そのため、就職や転職に有利であることは間違いありません。

 

資格取得のために学習した知識を活用すると、企業の財務状況などが読み取れるようになります。

 

優良な企業を探すのにも役立ちます。

 

 

少し前から、大学の推薦入学などのために同資格を取得する学生が増えています。

 

実際、3級以上は推薦入学で有利になります。

 

1級については、さらにメリットがあります。

 

  • 税理士試験の受験資格が与えらる。
  • 職業能力開発促進法の指導員資格試験で、事務科の試験科目が一部免除される。

 

日商簿記検定には、このようにさまざまな取得によるメリットがあります。

 

取得しておいて損はない資格の1つです。

 

 

日商簿記検定のステップアップとしておすすめの資格は?

日商簿記検定試験のために勉強した知識は、会計部門や経理課などで活かすことができます。

 

基本的に、どのような個人商店や会社でも役立ちます。

 

当然、弁護士などの事務所を開業した際の会計処理にも大きな威力を発揮します。

 

そういう意味では、どのような独立開業系の士業でも取得しておいて損はありません。

 

 

簿記の知識を活かすという意味でのステップアップとしては、次のようなものがあります。

 

  • ビジネス会計検定試験R
  • 税理士
  • 公認会計士

 

日商簿記検定 ステップアップ

 

 

ビジネス会計検定試験Rとは、財務諸表を読み取る能力を評価する試験です。

 

あまり知られていない試験かもしれません。

 

ステップアップとしては、やはり税理士公認会計士でしょう。

 

簿記の知識を試験でかなり活かせます。

 

 

1級は、税理士や公認会計士の登竜門と言われています。

 

ただ、そうかと言って必ず1級を取らないといけないわけではありません。

 

税理士試験の受験資格がない場合は別ですが、受験資格があるのなら、2級まで取得しておけば十分と考えられています。

 

 

どちらもかなり難易度の高い試験です。

 

相当の覚悟を持って、勉強しないと合格するのは難しいです。

 

やる気のある人は、チャレンジしてみるとよいでしょう。

 

 

日商簿記検定の履歴書に関する疑問!正式名称を書くの?

日商簿記検定試験に合格すれば、履歴書に記載することができます。

 

いざ書こうと思えば、いろいろと疑問に感じることが出てきます。

 

ここでは、そのような疑問について解決します。

 

日商簿記検定の何級から書けるの?3級はOK?

何級から書けるのかという疑問が、もっとも多いかもしれませんね。

 

もっと具体的に言えば、3級は履歴書に書けるのかという疑問です。

 

一般的には、2級から書くのが望ましいと言われています。

 

3級は、簿記の基礎と言える知識しかマスターしていません。

 

アピールとしては弱いということかもしれません。

 

そのため、2級以上を取得しておいた方がよいです。

 

履歴書への記載方法は?省略してもよい?

基本的に履歴書には省略せず、正式名称を書かないといけません。

 

それでは、日商簿記検定もそうなのでしょうか?

 

実は、日商簿記検定に関しては省略して書いても問題ありません。

 

それは、正式名称が非常に長いためです。

 

「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」が正式名称です。

 

そもそも、これが正式名称ということを知っている人はほとんどいないと思います。

 

 

記載方法としては、「日商簿記検定試験◯級」あるいは「日本商工会議所主催簿記検定試験◯級」でも問題ありません。

 

ただ、「簿記検定◯級」という書き方はよくありません。

 

それは、簿記検定には全商簿記や全経簿記といった他団体主催の簿記検定もあるためです。

 

どの簿記検定の資格を持っているのかを明確にしなければなりません。

 

日商簿記検定 履歴書 書き方

 

どの日付を履歴書に書けばいいの?

履歴書には、資格名だけではなく、取得年月日を書く欄があります。

 

どの日付を書けばよいのでしょうか?

 

 

パッと思いつくだけでも、次のような日付があります。

 

  • 試験日
  • 合格日
  • 合格証書に記載されている日

 

履歴書に記載するのは、「合格証書に記載されている日」です。

 

気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ