日商簿記検定試験の合格率・難易度

日商簿記検定試験の日程などの概要

 

日商簿記検定

日商簿記検定は公的資格です。国家資格ではありませんが、それに負けないぐらい権威ある資格です。会社の財務状況を数字から読み取れる能力など、社会人として必須の専門的スキルを身に付けることができます。この資格は景気に左右されることなく活かすことができるので、将来性・安定性は非常に高いです。そのため、就職や転職の際に大きな武器になります。

 

ジャンル 財務・金融系
資格の種類 公的資格
受験資格 誰でも受験できます。
試験日時 例年:

【1級】6月第2日曜日・11月第3日曜日
【2・3級】6月第2日曜日・11月第3日曜日・2月第4日曜日
【初級】試験施行機関が日時を決定
※1・3級は午前、2・4級は午後に実施されるため、1級と2級、2級と3級はダブル受験可。 

受験料 【1級】7,710円

【2級】4,630円
【3級】2,800円
【初級】2,160円

受験地 全国各地

※初級は商工会議所ネット試験施行機関で行う。

試験内容

【1級】商業簿記+会計学(90分)、工業簿記+原価計算(90分)
【2級】商業簿記+工業簿記(120分)
【3級】商業簿記(120分)
【初級】商業簿記(40分)
それぞれの詳細は下の「ホームページ」を参照。

合格基準 【1級】商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算の70%以上。ただし、1科目ごとの得点は40%以上。

【2級】商業簿記、工業簿記の合計点の70%以上。
【3級】商業簿記の70%以上。
【初級】商業簿記の70%以上。

問い合わせ先 全国の商工会議所

TEL:03-5777-8600(検定情報ダイヤル)
ホームページ

 

 

日商簿記検定試験(1・2・3級)の合格率

最近5回の日商簿記検定試験(1・2・3)の合格率の推移は、次のとおりです。

 

1級

回(年月) 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
146

(H29.6)

9,064 7,103 626 8.8%
144

(H28.11)

11,062 8,416 783 9.3%
143

(H28.6)

9,845 7,792 846 10.9%
141

(H27.11)

11,791 9,087 873 9.6%
140

(H27.6)

10,361 8,108 716 8.8%

 

 

2級

回(年月) 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
146

(H29.6)

58,359 43,767 20,790 47.5%
145

(H29.2)

78,137 60,238 15,075 25.0%
144

(H28.11)

72,408 56,530 7,588 13.4%
143

(H28.6)

58,198 44,364 11,424 25.8%
142

(H28.2)

90,693 70,402 10,421 14.8%

 

 

3級

回(年月) 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
146

(H29.6)

102,077 80,227 40,880 50.9%
145

(H29.2)

105,356 80,832 38,289 47.4%
144

(H28.11)

120,096 94,411 42,558 45.1%
143

(H28.6)

106,558 83,915 28,705 34.2%
142

(H28.2)

114,940 89,012 23,701 26.6%

 

最新の合格率はこちらから見ることができます!

 

 

合格率は、級によってかなり異なります。

 

特に、1級は合格率を見てもわかるように難易度が高いです。

 

 

もう1つの大きな特徴は、受験する回によって合格率に大きな差があることです。

 

これは当試験が競争試験ではなく、絶対評価の試験のため生じるのです。

 

絶対評価の試験とは、他の人の点数に関係なく、自身が定められた条件を満たせば合格できる試験のことです。

 

あらかじめ定められた合格基準点以上の点数を取れば、全員が合格できます。

 

逆に、非常に難しい問題が出題されると、合格点に達せず、不合格となる受験生が多くなってしまいます。

 

すると、その回だけ大きく合格率が下がってしまうのです。

 

極端に合格率が低い回は、問題が難しかったと考えることができます。

 

日商簿記検定試験 合格率

 

 

試験の傾向から考えると、1度の受験で諦めることなく、何度か挑戦した方がよいです。

 

その回がたまたま難しい回だったという、可能性があるためです。

 

せっかく勉強したのですから、合格を手にしないともったいないです。

 

 

日商簿記検定試験(1・2・3・初級)の難易度は?

日商簿記検定試験(1・2・3・初級)の難易度についてご紹介しています。

 

各級により、難易度はまったく異なります。

 

 

具体的にみていきましょう。

日商簿記検定1級の難易度

税理士や公認会計士といった超難関の国家試験の登竜門と位置づけられています。

 

大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学をマスターします。

 

経営管理や経営分析ができるようになります。

 

普通に企業で働くだけなら、2級まで取っておけば十分です。

 

そのため、1級まで取得する人は少ないです。

 

簿記検定の中で、もっとも難しいです。

 

合格率が1ケタの難関試験です。

 

2級の科目に、新たに原価計算と会計学が追加されます。

 

税理士の科目別試験や中小企業診断士と同レベルと言われることもあります。

 

日商簿記検定2級の難易度

高校程度の商業簿記および工業簿記をマスターします。

 

2級から工業簿記を学ぶことになるのですが、商業簿記に比べて馴染みがない分、やや苦手意識を持つ受験生が目立ちます。

 

財務諸表をきちんと読み取れるようになり、企業の経営状況を把握できるようになります。

 

2級取得者は、かなり高く評価されます。

 

3級に続く受験者数を誇ります。

 

3級と比べると、難易度はかなり上がります。

 

先ほども述べたように、工業簿記という新しい科目が追加されますので、学習量が大幅に増えます。

 

合格率が、一気に下がります。

 

1度の受験でダメでも、粘り強く受験すれば合格できるレベルです。

 

日商簿記検定試験 難易度

 

日商簿記検定3級の難易度

財務を担当する上で必須の基本知識を学べます。

 

商店や中小企業の経理に活かせる知識が身に付きます。

 

経理に関する書類を読み取れ、企業の経営状況を把握できるようになります。

 

取得していると、ある程度の評価をしてくれる企業が多いです。

 

簿記検定試験の中で、3級がもっとも受験者数の多い試験です。

 

難易度は、頑張って勉強すれば普通に合格できるレベルです。

 

とにかく基本を大切に。

 

日商簿記検定初級の難易度

簿記の入門編という位置づけとなっています。

 

小規模小売店の経理に活かせる知識が身に付けます。

 

難易度は、もっとも簡単です。

 

簿記は、どの級からでも受験できます。

 

普通は、3級から勉強して受験します。

 

そのため、初級を受験する人はほとんどいません。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ