AFP、CFP(民間資格)の試験・認定研修・取得方法などについて

AFP、CFP(民間資格)の試験・認定研修・取得方法などについて

<目次>

 

ファイナンシャル・プランナー(FP)の関連資格として、民間資格のAFP・CFPの2つがあります。

 

AFPやCFPを取得することで、自身のFPとしての価値を高めることができます。

 

 

AFPとは?

FPの資格を取得しただけでは、依頼人に適切なアドバイスや提案を行うのは難しいです。

 

日本FP協会では常に質の高いサービスの提供ができるように、AFPの資格を設け、継続的な能力の維持向上を図っています。

 

具体的には、AFP資格を取得する際には、AFP認定研修を修了しなければなりません。

 

また、取得後は継続教育を受けなければなりません。(資格更新制度)

 

そのため、常に最新の情報を網羅できます。

 

 

AFP認定者になるためには?

実務経験の有無によって、取得方法が違ってきます。

 

ここでは、基本な取得方法のみをご紹介します。

 

 

まず、AFP認定研修という日本FP協会認定の研修講座を受講し、修了しなければなりません。

 

ファイナンシャル・プランニングに必要な知識を体系的に学びます。

 

通信講座で受講することも可能です。

 

修了後、2級FP技能検定試験で合格し、手続きをすれば、AFP認定者になることができます。

 

※他の取得方法などはこちらを!

 

AFP CFPR

 

 

CFPとは?

CFP資格とは、「世界が認めるプロフェッショナルFPの証」です。

 

まさに、FPの頂点とも言える資格です。

 

世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるようになります。

 

それだけに、価値ある資格です。

 

 

CFP認定者になるためには?

AFP認定者でなければ、CFP認定者にはなれません。

 

そのため、まずAFP認定者にならなければなりません。

 

 

CFP認定者になるためには、4つの関門を突破しなければなりません。

 

CFPR CFP資格審査試験6課目に合格しなければなりません。

 

CFPR CFPエントリー研修を受講し、修了しなければなりません。

 

CFPR 通算で3年以上の実務経験がなければなりません。

 

CFPR 試験合格後5年以内に登録を申請しなければなりません。

 

※詳細はこちらを!

 

 

かなりの努力と時間がかかります。

 

それだけに、資格を持っていると高く評価されます。

 

 

 

 

 

トップへ