FPは就職・転職に有利?相性の良い資格は?

FPは就職・転職に有利?相性の良い資格は?

 

FP技能検定の資格取得のメリットは?就職・転職に有利?

 

FP技能検定取得のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

 

メリットは、いくつかあります。

 

当資格を取得するのに、次の6つの分野の学習を行います。

 

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業承継

 

これらの知識は、お金に関することだけに、日常生活の中でも十分に役立ちます。

 

うまく活かせれば、得することもあります。

 

仕事で使う予定がなくても、取っておいて損はありません。

 

FP技能検定 就職 転職

 

 

また、当資格を取得することで、企業内の評価がアップします。

 

特に、銀行や保険などの金融業界や住宅メーカーなどの不動産業界ではかなり優遇されます。

 

そのため、キャリアに役立てるために取得する人も多いです。

 

 

もちろん、これらの業界への就職や転職にも大きな武器になります。

 

アピールするためには、3級では不十分だと考えられています。

 

最低でも2級は取得しておきたいですね。

 

 

また、ほんの一握りですが、当資格を活かして独立開業する人もいます。

 

たまにテレビで活躍するファイナンシャルプランナーを見かけます。

 

当資格をどう活かすかは、本人次第のようです。

 

 

FPのステップアップ&相性がいいおすすめの資格は?

FPのステップアップ&相性がいい資格には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

FPの業務と密接に関係する資格を取得しておくと、業務の幅が広がり、収入もアップします。

 

 

では、FPを取得している人は、今後どのような資格を取得するといいのでしょうか?

 

相乗効果がある資格には、次のようなものがあります。

 

税理士

税理士は、税務に関する専門家です。

 

FPのプランニング業務に税務に関することが出てきます。

 

税理士は、税務に関することだけではなく、資産運用や不動産、相続に関することなど、幅広い知識がなければ、顧客に対して的確なアドバイスをすることが難しい時があります。

 

そんな時のために、FPの資格も持っておくと重宝します。

 

公認会計士

公認会計士は、会計監査を独占で行うことができます。

 

会計士事務所などで働いている公認会計士は、税理士業務を行うことがあります。

 

そんな時は、税理士同様に資産運用などでFPの知識を活かすことができます。

 

社会保険労務士

社会保険労務士は、保険や年金を扱う専門家です。

 

FPも、保険や年金に関する業務を扱います。

 

両方を取得することで、保険や年金を中心とした人生設計を行えるようになど、幅広いアドバイスを行えるようになります。

 

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸の仲介などに欠かせない資格です。

 

不動産は、非常に重要な資産です。

 

そのため、資産運用の手段として、不動産が重要な役割を果たしています。

 

そこで、FPも取得しておくと、資産運用に関しても的確なアドバイスをすることができます。

 

FP ステップアップ 相性 資格

 

 

FPの資格だけで稼ぐことも不可能ではありませんが、かなり難しいです。

 

それは、FPには独占業務がないためです。

 

もちろん、企業で活かすのなら別ですが。

 

もし独立してやっていきたいのなら、独占業務のある強力な国家資格を取得しておくとかなり有利です。

 

どちらかと言うと、FPは補助として取っておくという考え方の方がよいかもしれません。

 

 

 

 

 

トップへ