行政書士試験のテキストと過去問題集、予想問題集の選び方とおすすめ

行政書士試験のテキストと過去問題集、予想問題集の選び方

行政書士試験を受験するなら自己投資を惜しまない

独学での勉強を選択すると、はじめにテキストや問題集を購入しなくてはいけません。

 

独学を選択したということは、できるかぎり費用を抑えたいと考えている人が多いかもしれません。

 

もちろん、学校が遠いなど費用以外の理由で独学を選んだ人もいるかもしれませんが。

 

 

ただ、気を付けて欲しいのは、費用面だけを気にし過ぎると失敗する可能性が大きくなるということです。

 

私は、資格の取得を自己投資と考えていますので、必要ならある程度のお金は惜しみません。

 

ただ、私も徐々にそのような考えに変わっていっただけで、始めのうちは意外とケチだったかもしれません。

 

 

無駄なものにまでお金をかけるのはどうかと思いますが、必要なものまで出し渋ってはいけません。

 

それすら出したくないというのなら、資格の取得自体を考え直した方がよいかもしれません。

 

最低限の教材がなければ、合格はかなり難しいためです。

 

 

 

私が使用したのは、テキスト1冊、過去問1冊、予想問題集2冊、記述式問題集1冊、時事問題集1冊、六法全書です。

 

これだけを購入するのには、最低でも10,000〜15,000円ほどかかると思います。

 

 

行政書士試験のテキスト及び問題集の選び方

行政書士試験のテキストは、非常にたくさんの種類があります。

 

人気資格は、テキストや問題集がいろいろと販売されています。

 

それだけに、どれを選べばよいのか、迷うところです。

 

 

最近は、通販で本を購入できる便利な時代になりましたが、使用するテキストを選ぶ際には、本屋に足を運ぶことをおすすめします。

 

実際に手に取って、自分の目で見ることが重要です。

 

テキストによっては、ボリュームや見やすさなどがまったく異なるからです。

 

手に取ってみるのが難しければ、レビューや口コミなどを参考にするとよいです。

 

 

何を重視してテキストを選ぶのかは、正直とても難しいです。

 

もっともおすすめするテキストは、やはり売れているテキストです。

 

売れているのには、それだけの理由があります。

 

試験に必要最低限の情報が記載されている、非常にわかりやすく書かれているなど。

 

 

売れているテキストと言っても、1つだけではありません。

 

何種類かはあると思います。

 

そのテキストを全部見て、自分にもっとも合うものを選べばよいと思います。

 

すべて合わないと判断すれば、もちろん他のテキストの中から選んだ方がよいです。

 

合わないテキストで勉強すると、やる気が持続しません。

 

私も本屋に行って、事前に調べておいた売れているテキストを、実際に見てから購入を決めました。

 

 

非常に重要なので、テキストは慎重に選ぶようにしてください。

 

テキスト選びに失敗して、不合格になったということだけは避けたいですね。

 

行政書士試験 テキスト

 

 

問題集も同じです。

 

よく売れている人気の問題集を、自分の目で確認して決めます。

 

問題の解説部分がわかりやすいか、マイナーな問題が多過ぎないか、問題の収録数などを目安に見てみるとよいです。

 

行政書士試験におすすめのテキスト・過去問題集・予想問題集

どうしても、自分で決めるのが不安という人は、次を参考にしてみてください。

 

私が実際に使用した教材やおすすめしたい教材には、「おすすめ」マークを表示しています。

 

 

テキストと過去問、予想問題集は、同じシリーズを使用した方がそれぞれの関連ページが記載されているので、効率的に学習できるという考え方があります。

 

逆に、シリーズにはこだわらず、内容や使いやすさを重視し、それぞれの教材を選んでも構いません。

 

私は、後者の考え方です。

 

そのため、テキストと問題集はまったく別のシリーズを使っていました。

 

考え方は、人それぞれです。

 

自分なりの考えに基づいて、教材を選んでください。

 

おすすめのテキスト

おすすめ うかる! 行政書士 総合テキスト

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

情報量が多すぎないので、合格に必要な知識を効率よく学ぶことができます。

 

非常に読みやすくわかりやすいので、初学者にも安心です。

 

「ハンディ行政書士試験六法」が付いているので便利です。

 

・チャプターごとに重要度が記載されているので、勉強にメリハリを付けられます。
・わかりにくい部分には、図や表が掲載されているので理解しやすいです。
・チェック問題があるので、その都度理解度を確認できます。
・付属の「ハンディ行政書士試験六法」には、行政書士試験に必要な条文を抜粋して収録されていますので、効率的な学習ができます。
・別売りの「うかる! 行政書士 総合問題集」と並行すれば、より効果的に勉強できます。


 

 

出る順行政書士 合格基本書

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

合格に必要な知識が、この一冊で手に入ります。

 

初学者でもわかりやすく書かれており、ムリなく学習できるようになっています。

 

・各科目の出題状況などが掲載されているので、学習にメリハリをつけることができます。
・重要判例などが掲載されているので安心です。
・豊富な図表や語呂合わせなどにより効率的に勉強できます。
・法改正にも対応しています。


 

 

うかるぞ行政書士 基本テキスト

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

法令と一般知識の全科目が1冊にまとめられています。

 

わかりやすく、しかも詳しく解説されているので、初学者にも安心です。

 

・科目ごとの出題傾向などが掲載されています。
・補足説明や要注意事項、ワンポイントアドバイスなど、さまざまな情報が掲載されています。
・最新の法改正に対応しています。
・事項索引や判例索引までが完備されています。


 

おすすめの過去問&予想問題集

おすすめ うかる!行政書士総合問題集

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

伊藤塾が厳選した「過去問」と「オリジナル予想問題」が掲載されています。

 

復習を繰り返せば、かなりの得点力が身につきます。

 

赤シート付きなので便利です。

 

・過去に出題された重要問題と、伊藤塾で作成したオリジナル問題が掲載されています。
・左ページに問題が、右ページに解答・解説が書かれているので使いやすいです。
・問題ごとに重要度が記載されているので学習しやすいです。
・選択肢に、「超重要」「重要」「捨て問」「予想問題」のマークがあるので、復習時に役立ちます。


 

 

おすすめ 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 法令編&一般知識編

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon 法令編

 

Amazon 一般知識編

 

楽天市場 法令編

 

楽天市場 一般知識編

 

B6サイズのため、持ち運びに便利で使いやすいと人気が非常に高いシリーズです。

 

いつでもどこでも学習できるのが大きなメリットです。

 

・合格基本書にリンクしているので、わからないところは基本書ですぐに確認できます。
・過去10年分の本試験問題が科目別、体系別に掲載されています。
・問題の重要度や難易度までが表示されているので効率的に学習できます。


 

 

うかる! 行政書士 直前模試

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

2014年度行政書士試験の記述式問題を見事に的中させています。

 

高い的中率を誇ります。

 

模試2回分が収録されています。

 

 

・出題形式や難易度などが本試験とほぼ同一となっているのでよい練習になります。
・伊藤塾が過去の出題傾向を徹底分析し、本試験で出題されるであろう問題を予想しています。
・すべての肢について詳しく解説されています。
・肢ごとの重要度ランクや正答率も掲載されているので、復習に役立ちます。


 

 

出る順行政書士 直前予想模試

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

本試験と同形式の模試なので、本試験のような臨場感を味わえます。

 

問題は、3回分収録されています。

 

・徹底した分析に基き作られた良問が掲載されています。
・出題形式や難易度は、限りなく本試験に近鋳物となっています。
・詳細な解説付きで復習が効率的に行えます。


 

 

おすすめ うかるぞ行政書士40字記述式問題集

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

記述式と多肢選択式について、過去問と本試験レベルの予想問題が収録されています。

 

得点力アップを図るためのポイントが開設されています。

 

・記述式については、予想問題87問・過去問題10問が、多肢選択式については予想問題24問が収録されています。
・記述式問題の解説には、解答する際の注意点がアドバイスされています。
・その問題に関連する基本知識や、発展的な知識も紹介されています。


 

その他のおすすめ

おすすめ 行政書士受験六法

 

<最新版はこちらで!>

 

Amazon

 

楽天市場

 

行政書士試験に特化した六法です。

 

今後出題が予想される番号利用法が登載されています。

 

・行政不服審査法については、比較のため新法と改正前法令が記載されています。
・過去の出題実績などがわかりやすく明記されています。
・基礎法学や政法の一般的な法理論までが記述されています。
・判例問題や記述式問題にも対応しています。


 

 

 

過去問の選び方!

 

過去問のマスターに一問一答式の問題集を使用することは、たいへん効率が良いです。

 

1問ずつなので、細切れ時間に利用しやすいこと。

 

全過去問を解くと、同じ(ような)問題が繰り返し出題されているので、重複してしまい、時間がもったいないこと。

 

一問一答式はだいたいコンパクトに作られているので、どこへでも持ち運びができ、好きな時に使用できること。

 

1問ずつなので、やる気が起こり、持続すること。

 

このようなメリットがあります。

 

 

個人的には年度別過去問(肢がバラバラになっていないものならよい)と一問一答式を併用することが望ましいと思います。

 

年度別過去問は、必ず試験当日までには解かなければなりません。

 

それは、5つの肢の中から1つの肢に絞る練習をする必要があるからです。

 

一問一答式では1問1問が単独の問題になっているので、5つの肢の中から1つの肢に絞るという練習ができません。

 

本試験の問題を解くと、5つの肢の内2つにまで絞ったが、その2つで迷うといったことが出てきます。

 

その際、本当に微妙なニュアンスの違いで正解が導かれることもあります。

 

日頃からそういう目を持って問題を解いていないと、本試験では通用しません。

 

年度別過去問でそういう目を養うのです。

 

また、年度別過去問は時間内にすべての問題を解く練習にも使えます。

 

このような点から、年度別過去問と一問一答式を併用すると大きな効果が得られることがわかります。

 

ただ、人によって考え方は異なるので、必要ないと思えば年度別過去問だけを購入すればよいと思います。

 

行政書士試験 テキスト

 

 

私は少しでも多くの問題を解いておきたいという思いから、過去10年分が収録されている過去問を購入しました。

 

時間がなければ、5年分でもよいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ