行政書士とは?年収や求人は?

行政書士とは?仕事の内容は?

行政書士の仕事内容及び仕事の範囲

行政書士の主な業務は、官公署に提出する書類の作成とその代理、それに関する相談業務になります。

 

作成できる書類の種類は、何千、何万にも及ぶと言われています。

 

簡単に言うと、弁護士や税理士、社会保険労務士などが独占業務として作成する書類以外と考えればよいです。

 

具体的には、建設業許可申請、風俗営業許可申請、飲食店営業許可申請、廃棄物処理業許可申請、車庫証明申請、遺言状、内容証明などの書類を代理して作成できます。

 

 

<行政書士が作成できる主な書類>

建設関係

・建設業許可申請、変更届
・経営規模等評価申請

 

運輸関係

・自動車登録申請
・車庫証明申請

 

風俗営業・

保険関係

・風俗営業許可申請
・飲食店営業許可申請
・宅建業免許申請

 

会社関係

・株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の設立
・定款作成

 

遺言・相続関係

・遺言書(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言等)の作成
・相続人の調査
・遺留分減殺請求
・遺産目録の作成
・遺産分割協議書の作成

 

農地開発関係

・開発行為許可申請
・農地法関連許可申請(権利移転、転用、転用目的権利移転など)

 

産廃関係

・産業廃棄物処理業許可申請
・一般廃棄物処理業許可申請

 

国際関係

・外国人帰化許可申請
・外国人在留資格認定証明書交付申請

 

著作権関係 ・著作物および著作権の登録関係書類

 

契約・民事関係

・各種契約関係書類
・内容証明郵便

 

 

すべての行政書士が、たくさんのいろいろなジャンルの書類を作成するのかと言えばそうではありません。

 

ほとんどの行政書士は、得意分野を持っています。

 

いかに得意な分野を見つけ、その分野のプロになれるかが大切です。

 

行政書士とは

 

 

では、実際にどのような業務を中心に行っている行政書士が多いのでしょうか?

 

建設と土地関係の許可申請が多いと言われています。

 

当然、すでに先輩行政書士が顧客を囲っており、新規参入は難しいようですが。

 

 

運輸関係も多いようです。

 

自動車免許試験場や陸運局周辺には、行政書士事務所がたくさん立ち並んでいます。

 

免許の更新や自動車の登録申請に関する書類の作成を行っています。

 

他にも、会社設立や帰化申請、遺言書作成などの相続に関する業務をメインに行っている行政書士もいます。

 

 

官公署に提出する書類は、新しい制度ができるなどすればどんどん増えます。

 

そのため、アイデア次第ではまだほとんどの行政書士が行っていない業務もあるかもしれません。

 

行政書士の実際の仕事内容とは?ライフワークは?

行政書士の実際の仕事内容


顧客は、個人や企業となります。

 

基本的な仕事の流れは、次のとおりです。

 

行政書士 顧客との打ち合わせ

 

行政書士 書類作成の準備(資料集めなど)

 

行政書士 資料作成

 

行政書士 官公署へ書類の提出

 

行政書士 顧客への報告など

 

 

行政書士は、代書屋と言われることがあります。

 

多くの人は、行政書士と言えば、机に座ってひたすら書類を作成しているというイメージを持っていると思います。

 

しかし、意外と顧客と打ち合わせをしたり、役所を訪れたりと、外出することが多いです。

 

行政書士のライフワーク

行政書士は、独立開業するか、どこかの事務所で雇ってもらうかのどちらかでないと、資格を活かすことができないと言われています。

 

事務所の規模などによっても変わりますが、それほど勤務時間は長くないようです。

 

基本的には、官公署と同じ9時〜5時勤務のようです。

 

 

月末や、年度初め(4月)と終わり(3月)は、忙しくなる事務所が多いそうです。

 

その時期は、残業が多くなることもあるといいます。

 

また、土日祝にはきっちりと休みを取れるようです。

 

そのため、時間が制約される主婦なども、比較的仕事に就きやすいです。

 

行政書士

 

副業としての行政書士

実は、副業として行政書士の業務を行うこともできます。

 

ただ、本業との掛け持ちによるデメリットもあります。

 

1番のデメリットは、行政書士は官公署を相手にする仕事が多いため、どうしても平日の昼間に時間を取れないと厳しいということです。

 

土日祝だけしか時間が取れないと、業務ができないおそれがあります。

 

 

もちろん、メリットもあります。

 

いきなり開業しても、おそらく仕事はないと思われます。

 

そうすると、精神的にかなりきついです。

 

しかし、本業で収入があると気が楽です。

 

 

では、平日の昼間に時間を取れない人は、副業を行えないということなのでしょうか?

 

必ずしもそうとは言えません。

 

ただ、1人では難しいです。

 

信用できる行政書士のパートナーがいれば、可能となります。

 

官公署へは、そのパートナーに行ってもらえばよいのです。

 

いろいろと工夫すれば、不可能なことでも可能になるのです。

 

あとは、やる気次第ですね。

 

行政書士

 

行政書士の年収の平均は?

「行政書士では食っていけない」という話をよく聞きます。

 

資格の受験業界では、「行政書士は簡単な試験で高収入が手に入る」などと、位置づけられることもあるようです。

 

実際、行政書士の年収はいくらぐらいなのでしょうか?

 

 

行政書士の年収の平均は、500万〜600万円と言われています。

 

これは、大成功を収めているベテランのやり手行政書士の年収も含まれています。

 

そのため、一部の成功者により平均額が押し上げられている可能性があります。

 

 

また、平均額を出す際に、ほとんど稼げていない行政書士の年収が、どこまで反映されているのかが気になるところです。

 

それにより、数字は変わってきます。

 

アンケートにより平均額を算出したのであれば、稼げていない行政書士はアンケートに回答していない可能性があります。

 

あるいは、見栄を張ってうその回答をしているかもしれません。

 

正直、アンケートでは正確な数字を出すのは難しいのではと思います。

 

あくまで主観ですので、実際はどうかはわかりません。

 

行政書士

 

 

行政書士として雇われている場合と、独立している場合とで異なります。

 

雇われている場合は、独立するよりは収入が安定するかもしれませんが、大きく稼ぐのは難しいでしょう。

 

一方、独立している場合は収入は安定しませんが、うまくいくと大きな収入を得られるかもしれません。

 

雇われ行政書士の年収は?

雇われ行政書士の年収は、200万〜300万円と言われています。

 

行政書士事務所の求人がたまに出ていますが、だいたい月給20〜25万円ぐらいのようです。

 

そう考えると、200万〜300万円という数字はまったくのデタラメとは言えないようです。

 

 

事務所の規模によっても変わってきます。

 

大きな有名事務所なら、全体の収入が大きいので、そこそこもらえるかもしれませんが、小さな事務所は厳しいと思います。

 

独立した行政書士の年収は?

独立した行政書士の年収は、300万円以下と言われています。

 

開業して3年経っても、年商200万円にも満たないという話も聞きます。

 

さすがに、これでは食べていけませんので、多くの行政書士が廃業に追い込まれているそうです。

 

 

どんな資格でも持っているだけでは稼げません。

 

弁護士でも、生活に困っている人はいるのです。

 

当たり前でしょうが、その人の営業力次第で収入は大きく変わってきます。

 

 

実際成功を収めて、1000万円以上を稼いでいる行政書士もいるといいます。

 

ほんの一握りのようですが。

 

 

このように、収入に大きな差があるのが実態のようです。

 

行政書士としてだけではなく、少しでも収入を増やせるように、複数の資格を取得する人が多いそうです。

 

社会保険労務士とのW取得などが人気のようです。

 

関連資格の取得を考えてみるのも、いいかもしれません。

 

 

ただ、闇雲にたくさんの資格を取るだけでは意味がありませんので、しっかりと必要性などについて考えてから実行に移した方がよさそうです。

 

必要性が感じられれば、やってみるのもいいと思います。

 

行政書士

 

 

このように、行政書士は決して稼ぎやすい資格とは言えないようです。

 

ただ他の資格も同じですが、その人次第で収入は大きく変わってきますので、あまり信用し過ぎない方がいいです。

 

行政書士の求人(東京・大阪・仙台・神奈川・兵庫・京都・福井・札幌)

行政書士の求人の現状


ハローワークなどで求人情報を調べてみるとわかりますが、行政書士の求人はあまりないのが現実です。

 

他資格と違って、行政書士で成功を収めている人が少ないのが原因のようです。

 

成功者が多ければ、もっと資格保有者を雇って、事務所の拡大を図るでしょう。

 

しかし、そのような成功者はあまりいませんので、求人募集がほとんどないのだと思われます。

 

行政書士

 

 

税理士や司法書士などでは、仕事を学ぶために、事務所で働かせてもらうという話をよく聞きます。

 

未経験で、独立する人は少ないように感じます。

 

誰でも、仕事がわからない状態で独立するのは不安です。

 

まずはしっかりと仕事を覚え、いつか可能であれば、独立したいと考える人が圧倒的に多いです。

 

 

しかし、行政書士ではほとんどこのようなことができません。

 

そのため、いきなり何の知識もなく、独立開業する人が多いです。

 

行政書士が作成できる書類は、先輩に聞いたり、官公署で教えてもらえば、何とかなると言われているのも原因かもしれません。

 

 

事務所がダメなら、どこかの会社に入って、行政書士の資格を活かしたいと考える人が出てきても不思議ではありません。

 

資格を持っていると、手当がついて給料のアップが見込めるでしょうからね。

 

しかし、悲しいことに行政書士の資格は就職や転職では、ほとんど武器にならないと言われています。

 

独立開業しないのなら取る意味がないと言う人もいるくらいです。

 

行政書士

 

 

取る意味がないというのは言い過ぎかもしれませんが、直接仕事で行政書士の資格を活かせないようです。

 

資格自体は活かせないかもしれませんが、努力家、自己啓発に取り組める人など、人間性の面では高く評価されるかもしれません。

 

そういう意味では、まったくの無駄という訳ではありません。

 

それに、資格を取ることで自信がつき、意欲的に仕事を行えるようになるかもしれません。

 

 

とは言っても、まったく求人の募集がないわけではありませんので、やる気次第ではどこかの事務所で雇ってもらえる可能性はあります。

 

募集があっても、アルバイトということも多いので、やる気がある人はアルバイトから始めるのも1つの手です。

 

最近は、派遣会社に求人が出ていることが多いので、派遣会社に登録して仕事を探すのもいいかもしれません。

 

 

資格を取る前に、まずは現実を知っておくことが大切ですね。

 

それが嫌なら、税理士や社会保険労務士など、他の資格を考えた方がよいかもしれません。

 

他の資格も、それほど甘くはありませんが。

 

行政書士の求人情報

行政書士 行政書士の求人 札幌

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

 

行政書士 行政書士の求人 仙台

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

 

行政書士 行政書士の求人 東京

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

 

行政書士 行政書士の求人 神奈川

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

 

行政書士 行政書士の求人 福井

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

 

行政書士 行政書士の求人 京都

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

 

行政書士 行政書士の求人 大阪

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

 

行政書士 行政書士の求人 兵庫

 

ハローワーク

 

indeed

 

careerJET

 

行政書士と司法書士の違いとは?

行政書士と司法書士の業務に関する違い


行政書士の仕事は、主に官公署に提出する許認可申請などの書類作成とその代理、それに関する相談業務になります。

 

 

一方の司法書士には、不動産登記申請や商業登記申請、裁判業務、成年後見業務などがあります。

 

どれも、専門性が非常に高い業務となっています。

 

 

一見まったく異なる業務を行っているように思えますが、関連する業務もあります。

 

例として2つ挙げます。

遺産相続に関する業務

遺言書の作成や遺産分割協議書の作成は、行政書士も司法書士も行うことができます。

 

相続放棄や家庭裁判所に対する調停、審判に関する手続きは、司法書士にしかできません。

 

相続という大枠の中にも、行政書士ができる業務とできない業務があるのです。

 

行政書士

 

会社設立に関する業務

定款の作成は、行政書士も司法書士も行うことができます。

 

法務局への会社設立の登記申請は、司法書士にしかできません。

 

会社設立に関するすべての業務を頼むのなら、司法書士がベストです。

 

安くあげるために、定款の作成については行政書士に頼み、登記申請については本人で行うということも可能です。

 

行政書士

 

 

同じ業務であっても、行政書士にはできないことがあるので、必ず業務を行う前に確認することが大切です。

 

違反行為を行うと、罰せられます。

 

行政書士試験と司法書士試験の違い

どちらの試験も難易度は高いですが、司法書士試験の方が圧倒的に合格するのが難しいです。

 

行政書士試験と司法書士試験の難易度と、勉強時間についてご紹介します。

 

行政書士試験の難易度&勉強時間

標準勉強時間は、1000時間程度と言われています。

 

試験の合格には、6カ月〜1年程度の勉強が必要です。

 

 

試験自体は、他の受験生を気にする必要はありません。

 

なぜなら、行政書士試験は基準点以上を取れば、全員合格の試験だからです。

 

 

法令と一般知識に関して出題されますが、一般知識が曲者です。

 

一般知識は、政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解からの出題になるのですが、範囲があってないようなものです。

 

ここ1年の出来事などに関して、問題が出されるのです。

 

どのような問題が出るのかわからないだけに、受験生泣かせです。

 

しかも、足切りがありますので、法令が満点でも一般知識が足切りにかかれば不合格になってしまいます。

 

一般知識で、いかに足切りを免れるかが大きなカギです。

 

司法書士試験の難易度&勉強時間

標準勉強時間は、3000時間以上と言われています。

 

試験の合格には、3年以上かかることも珍しくありません。

 

 

競争試験になっていますので、上位の2〜3%に入らないと合格できません。

 

いくら高得点を出しても、周りがそれ以上によい点数を取っていると合格できません。

 

 

試験範囲はかなり広く、8割以上の得点がないと合格できないことも。

 

8割以上という数字は、なかなか他の試験ではみられません。

 

普通は、6割から7割ぐらい取れれば合格できます。

 

しかも、足切りまであります。

 

司法試験脱落組が多数いますので、かなりハイレベルな試験となっています。

 

行政書士

 

 

それぞれの試験には、それぞれの難しさがあります。

 

人により判断基準は異なります。

 

そのため、一概には言えませんが、一般的には司法書士試験の方が難易度が高いと言われています。

 

行政書士と司法書士の年収

行政書士

 

年収は、営業力などによっても変わるので、単純には比較できません。

 

そうは言っても、どちらの方が年収が高いのか気になる人は多いと思います。

 

一般的に、年収が高いと言われているのは、司法書士です。

 

 

司法書士は不動産登記や商業登記など、必ずしておかないと困るようなことを独占的に行えます。

 

しかも、専門的な知識を必要とするので、自分で書類の作成などを行うことはかなり難しいです。

 

そのため、収入は比較的安定しています。

 

 

一方の行政書士は、主に官公署に提出する書類の作成がメインの業務です。

 

正直、少し頑張れば、行政書士に頼まなくても、自分で作成できる書類が多いです。

 

お金を払ってまで、行政書士に書類の作成を依頼する人がどれくらいいるのかという問題になります。

 

また、単発の仕事が多いこともあって、安定した収入を得ることは難しいです。

 

もちろん、1000万円以上を稼いでいる人もいますので、やり方次第かもしれませんが。

 

 

あくまで参考としてみておいてください。

 

どんな資格でも、能力や努力などによって収入に大きな差が生じるということを忘れないでください。

 

司法書士でも稼げていない人はいますので。

 

以前に比べると、インターネットの普及により、司法書士の業務であっても、自分でやってしまう人が出てくるようになりました。

 

 

これから、どんどん厳しさが増していくことが予想されます。

 

難易度が高い資格を取ったからと言って、必ずしも稼げるわけではないということを知っておくこと必要があります。

 

行政書士とおすすめのダブルライセンス

行政書士が作成できる書類の種類は、非常に多いです。

 

どのような資格でもそうですが、それぞれの資格には扱える業務の範囲が決まっています。

 

行政書士は幅広い業務を扱えますが、当然のことながら他士業の業務には手を出すことはできません。

 

 

いくつかの資格を取得することで、顧客のニーズの多様化に応えやすくなります。

 

実務をスムーズに行えたり、業務の幅を広げられたりと大きなメリットがあります。

 

より多くの業務が行えることで、他の行政書士と差別化が図れます。

 

もちろん、得られる報酬も増えます。

 

 

ただ、手当たり次第に資格を取得することはおすすめしません。

 

行政書士の業務と関連がある資格でないと、無意味だからです。

 

行政書士

 

 

行政書士と関連があると言われている資格は、次のとおりです。

 

参考にしてみてください。

司法書士

行政書士は、会社設立に際して定款の作成を行うことができます。

 

しかし、この後の法務局への会社設立の登記申請はできません。

 

両資格を持つことで、定款の作成から登記申請まで1人で全部行えるのです。

 

司法書士を取得することによって、顧客のニーズにより応えることができます。

 

 

また、業務の面だけではなく、試験勉強においてもメリットがあります。

 

行政書士で学んだ民法、商法、憲法などの知識を活かすことができます。

 

 

ただ、司法書士試験の難易度は超難関と言われています。

 

よほどの覚悟を持って勉強しないと、合格できないということを事前に知っておいてください。

 

社会保険労務士

特定の業務で密接な関係があるというよりは、各種申請手続きのスペシャリストである行政書士としての利点を活かせると考えた方がよいです。

 

社会保険労務士の顧客には、建築関係の会社などがあります。

 

行政書士の資格も持っていると、許認可関係の仕事ももらうことができます。

 

許認可関係の書類作成は、行政書士の大きな業務の中の1つです。

 

活かさない手はありませんね。

 

 

試験勉強に関しては、それほど大きなメリットはなさそうです。

 

難易度的には、行政書士と同等か、やや難しいと言われています。

 

宅地建物取引士(宅建士)

行政書士は、「農地法の許可」や「開発行為の許可申請」などの不動産関係の業務を行うことが多いです。

 

このような点で、不動産取引などを行う宅建士と密接な関係があります。

 

 

試験勉強に関しては、すでに勉強した民法の知識が役立ちます。

 

大きなアドバンテージになります。

 

土地家屋調査士

土地家屋調査士は、不動産表示登記申請のスペシャリストです。

 

行政書士として「農地法の許可」などが行えれば、大きな武器になります。

 

 

試験勉強に関しては、民法の知識が役立ちます。

 

民法の知識が、不動産登記法などいろいろなところに絡んできますので、事前に知っていると勉強がスムーズに行えます。

 

行政書士

 

 

他には、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなども関連資格として挙げられることが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ