資格試験の過去問を完全にマスターする方法

資格試験の過去問を完全にマスターする方法

過去問のマスターは必須

「資格試験の勉強法」で、テキストを読んだ後に該当部分の過去問を解くという勉強法をご紹介しました。

 

一通り勉強が終われば、復習に入るという説明もしました。

 

ある程度、マスターできれば、予想問題を解くのですが、過去問が完全にマスターできていない場合は、さらに継続して過去問を解き続けなければなりません。

 

試験当日までには、過去問(あまりにもマイナーな問題は除く)を完全にマスターしておかなければなりません。

 

過去問のマスターは、受験生にとって必須です。

 

 

過去問を完全にマスターする方法は次のとおりです。

 

まず、1日に解く過去問の数を決めます。

 

あまり多過ぎるとできませんので、頑張れば達成できる目標数にしておいてください。

 

すでに何回か解いていると思いますので、意外とたくさんの問題を解くことができると思います。

 

 

私は、通勤時の電車の中や昼休みなどを有効活用して過去問を解いていました。

 

いろいろ工夫して、過去問を解く時間を見つけてください。

 

しばらく過去問の勉強だけをしてもよいです。

 

他の勉強と併用しても構いません。

 

試験日までの日数や1日に取れる勉強時間などによっても変わりますので、その辺は自分が置かれている状況で判断すればよいです。

 

資格試験 勉強法

 

 

過去問を解く際の注意点

過去問のマスターに重点を置いているため、まったくわからない場合は別として、基本的にはテキストを使いません。

 

解答の解説のみを読みます。

 

 

必ず、すべての肢をチェックしてください。

 

丁寧に肢をひとつずつ理解できているか、チェックするのです。

 

この時に理解できていれば、肢の前に「資格試験 勉強法」を付けます。

 

理解できていなければ、何も印を付けません。

 

理解できているというのは、誤っている部分を正しく言い換えることができるというレベルです。

 

何となくわかっている程度では印を付けません。

 

 

 

資格試験 過去問

 

1は1回、3は2回理解できたということで印をしている状態です。

 

このように、問題を解いて自身の理解度を明確にしていきます。

 

 

 

もう1つチェックすることがあります。

 

どんどん問題を解いていくと、ほとんど同じではと思うような肢が出てきます。

 

その場合は、以前に解いた肢か、今回解いた肢かのどちらかに「X」の印をするなどして抹消します。

 

抹消することで、重複して復習しないようにします。

 

必ず、肢単位で判断してください。

 

 

ひたすら、これを繰り返します。

 

そのうち、「資格試験 勉強法」の印が3個付いた肢が出てくるようになります。

 

資格試験 勉強法」の印が3個付いた肢は、次に復習する時にはもう解きません。

 

解かない肢がどんどん増えてきますので、一通り復習するのもどんどん早くなります。

 

最終的には、全部の肢に「資格試験 勉強法」の印が3個付くめで行います。

 

ここまですれば、ほぼ過去問は完璧です。

 

 

 

資格試験 勉強法

 

この状態になれば、この問題はOKです。

 

3個の印が付くまで、何回も解きます。

 

過去問すべてが、この状態になるのが理想です。

 

 

 

ただ、悲しいことに時間が経てば、いくら完璧だと思っていてもまた忘れます。

 

特に、始めの方に「資格試験 勉強法」の印が3個付いた肢は要注意です。

 

かなり時間が経っている可能性がありますからね。

 

 

過去問が完璧になれば、あとは応用力を付けるだけです。

 

予想問題集などを活用するとよいです。

 

予想問題集はあれこれ購入せず、これと思った1冊に絞ります。

 

そして、過去問と同じように完全マスターを目指します。

 

 

 

 

 

トップへ