管理業務主任者試験の独学での合格体験記

管理業務主任者試験の独学での合格体験記

 

管理業務主任者試験の結果と自己評価、合格証書

管理業務主任者試験の結果

私が受験したのは、平成21年度試験です。

 

 

試験結果  41点

 

合格最低点 34点 

 

 

記憶ではギリギリ合格したと思っていたのですが、思ったよりも点数を取っていましたね。

 

結果だけを見れば、余裕という感じですが、試験を受けている時はまったく余裕はありませんでした。

 

行政書士試験や宅地建物取引士試験よりは、まだマシだったとは言え、絶対合格したというほどの手ごたえまではありませんでした。

 

結果を知って1番驚いたのは、私でした。

 

この試験は、約2カ月の勉強で一発合格できました。

 

管理業務主任者試験の自己評価

設備や修繕に関することなど、すでに関連の仕事をしている人以外にはイメージしにくいところがあります。

 

そのため、本試験では少しでもひねられると、もうお手上げという問題もありました。

 

実際試験を受けると、まったくわからない問題が何問かありました。

 

このような問題は、正直考えてわかるような問題ではありません。

 

同レベルと言われる宅地建物取引士試験の問題よりも、基本的な問題が多く、ひねりなども少ないのではと感じました。

 

 

自信を持って解答できる問題が比較的多かったです。

 

そのため、行政書士試験や宅地建物取引士試験のように焦ったり、諦めそうになることはありませんでした。

 

 

試験を終えての感想は、正直合格最低点次第ではという感じでした。

 

ただ、自宅に帰って、資格学校が出している解答速報を見て、合格を確信しました。

 

40点超えで、不合格ということはないだろうと考えたからです。

 

管理業務主任者試験の合格証書

縦書きの合格証書が送られてきました。

 

何度もらっても、合格証書はうれしいですね。

 

管理業務主任者試験 合格証書

 

管理業務主任者試験の勉強方法

 

【使用した教材】

 

テキスト:楽学管理業務主任者 基本書

 

過去問題集:楽学管理業務主任者 過去問5年間

 

予想問題集(問題集タイプ):忘れてしまいました。

 

 

私は、約2カ月の勉強で管理業務主任者試験に一発合格できました。

 

とは言っても、まるっきりの初学者ではなく、宅地建物取引士試験で学んだ知識が、多少なりとも頭に入っていました。

 

宅地建物取引士試験と試験科目が重なるところが比較的多いので、短期間で合格できたのだと思います。

 

初学者は、2カ月で合格するのは厳しいかもしれません。

 

 

それでは、勉強方法をご紹介します。

 

まずは、テキストを選ぶために、人気となっているものをネット上でいくつか調べ、書店で実際に中を見て決めました。

 

評価や口コミに逆らわず、シンプルに決めるのがよいと思います。

 

勉強したこともないのに、あれこれ考えても時間がもったいないです。

 

ただ、いくら人気でも実際に目で見てから決めた方がよいです。

 

勉強しにくいものを購入すると、その後の学習に支障が出ます。

 

 

過去問については、テキストほどは慎重に選びませんでした。

 

中を見て、解説がわかりやすく、問題の重要度が記されているものを選びました。

 

重要度が記されているものを探してください。

 

管理業務主任者試験には、設備に関する問題が出題されます。

 

よく出題されるところと、ほとんど繰り返して出題されることはないだろうと思われるところがあります。

 

ほとんど出ないと思われるところは重要度が低くなっていますので、このような問題は軽く目を通しておく程度でよいです。

 

重要度が記されていないと、メリハリのついた学習ができません。

 

全部を完璧にしようというのであれば別ですが。

 

管理業務主任者試験 勉強方法

 

 

いよいよ勉強の開始です。

 

まず、おおまかな計画を立てましょう。

 

1日にどれぐらい学習すればよいのかを決めます。

 

 

具体的な勉強方法は、次のとおりです。

 

はじめにその日学習するところのテキストをよく読み、何が書かれているのか理解していきます。

 

次に、対応する部分の過去問を解きます。

 

これを繰り返していきます。

 

1度で完璧を目指す必要はありません。

 

私は気にせずに、どんどん進めていきました。

 

 

2回目は過去問を解いてから、該当部分のテキストを読みました。

 

この後時間がありませんので、過去問重視の勉強に切り替えました。

 

時間に余裕があるのであれば、可能な限り過去問とテキストをセットにして学習していった方がよいです。

 

ある程度、テキストを理解できれば、過去問を重視して学習します。

 

過去問は、重要度の低いもの以外が完璧に理解して、解けるようになるまで繰り返してください。

 

 

これだけでは不安だったので、予想問題集を1冊購入して解きました。

 

予想問題集を解いたり、模試を受けた方がいいと思います。

 

試験問題は年々難しくなってきています。

 

過去問だけでは合格は難しいかもしれません。

 

 

私は時間がなかったのでできませんでしたが、試験問題を時間内に解く練習をした方がよいです。

 

練習しないと時間配分がわからず、時間内に解けないという最悪の事態に陥ってしまうかもしれません。

 

やるのとやらないのとでは全然違います。

 

 

私は運よく合格できましたが、もっと時間的に余裕を持って勉強した方がよいです。

 

1日に勉強できる時間によっても変わりますが、初学者なら6カ月ぐらいじっくりと勉強した方が無難です。

 

短期間の勉強は、常に時間が足りないかもしれないという不安の中で勉強しないといけません。

 

精神的につらいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ