管理業務主任者試験でおすすめの学校ランキングと選び方!

管理業務主任者試験の学校分析と選び方

試験が難化しているとも言われる管理業務主任者試験ですが、まだまだ独学でも合格可能と考えます。

 

しかし、市販されている教材が少ないことから、資格学校を利用するのもアリです。

 

それに、計算されたカリキュラムやノウハウが詰め込まれた教材を使うことで、独学よりも早く合格できる可能性が高いです。

 

短期合格を目指すのなら、資格学校を利用した方がよいかもしれません。

 

資格試験の勉強法!独学・資格学校利用のどちらがおすすめ?」で、学校利用のメリットとデメリットをご紹介していますので、ご確認ください。

 

管理業務主任者試験 学校

 

 

では、どの資格学校を利用すればよいか考えてみましょう。

 

まずは、「通学」か「通信」か、予算を決めましょう。

 

学校やコースによっては、教育訓練給付金やローンが使えることもあります。

 

確認してみるとよいです。

 

 

おすすめの学校について、簡単に紹介しています。

 

フォーサイト

フォーサイトの特徴

フォーサイトのテキストは、5色のフルカラーで見やすいです。

しかも、受講生から寄せられた声をどんどん反映しているので、常に進化し続けています。

「出題頻度と目標得点」、「出題される箇所」が明示されているので学習しやすいです。

マンション管理士と管理業務主任者ともに、同一のテキストとなっています。

どちらか一方を受験する人も、問題なく学習できるようになっています。

どちらか一方だけを選ぶと、もっとお安くなります。

2016年度は全国平均の4.91倍と高い合格率を誇っています。

キャンペーン時ならもっとお安く受講できます。

価格 29,800〜円
評価 評価5
備考 管理業務主任者合格講座がおすすめ!

資格の大原

資格の大原の特徴

資格の大原は、“見やすい!わかりやすい!使いやすい!”テキストに仕上げています。

各ページごとに重要度を掲載し、イラストや図表が豊富なのでたいへん効率的に勉強できます。

マンション管理士と管理業務主任者とのW受験、管理業務主任者の単独受験など、好きなコースを選択できます。

大手の資格学校の中では、比較的リーズナブルです。

価格 96,000〜円
評価 評価4
備考 完全合格コースがおすすめ!

資格の学校TAC

資格の学校TACの特徴

資格の学校TACのテキストは、重要度が示されているので、どの項目が重要かすぐにわかります。

図表が豊富で見やすく、過去の出題のチェックもできるようになっています。

長年の経験がテキストに反映されています。

管理業務主任者の単独受験だけではなく、マンション管理士と管理業務主任者とのW受験のコースもあります。

価格 99,000〜円
評価 評価4
備考 管理業務主任者本科生がおすすめ!

ユーキャン

ユーキャンの特徴

ムリなく、効率的に、7カ月で管理業務主任者とマンション管理士にダブル合格を目指せます。

オリジナルテキストは、図表やイラストが多く、たいへんわかりやすいです。

各資格試験の重要度が、すぐにわかるように工夫されています。

両試験に対応した添削課題があります。

もちろん、管理業務主任者試験の準備だけでも使えます。

価格 67,000〜円
評価 評価3.5
備考 マンション管理士とのW合格を目指すなら!

 

 

ワンポイントアドバイス

 

個人的には、リーズナブルな通信タイプがおすすめです。

 

大手資格学校で通学できるのなら、それに越したことはありません。

 

しかし、費用や通学時間の関係で難しい人も多いと思います。

 

そんな人は、通信でも十分合格を狙えますので、通信を利用すればよいです。

 

 

通信なら、フォーサイトユーキャンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

特に、高い合格率を誇るフォーサイトがおすすめです。

 

通学をご希望なら、大原TACを考えてみるとよいです。

 

テキストがわかりやすそうな大原をおすすめします。

 

 

マンション管理士とのW受験ですが、無理をせずに1つずつ受験してもよいと思います。

 

先に管理業務主任者試験に合格すれば、難関のマンション管理士試験で試験の一部免除(5問)を受けられるので、大きなメリットがあります。

 

このメリットを活かせば、かなり合格しやすくなります。

 

W受験するかどうかについては、じっくり考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ