管理業務主任者とは?年収や求人は?

管理業務主任者とは?マンション管理士とは?その違いは?

 

管理業務主任者とマンション管理士は、よく似た資格として知られています。

 

共にそれほどメジャーな資格ではないので、名前すら聞いたことがないという人もいるかもしれません。

 

ましてや、その違いを聞かれても、答えられるわけがありません。

 

ここでは、それぞれの資格の内容と違いについて、簡単に説明していきます。

 

管理業務主任者とは?

管理業務主任者とは、マンション管理のマネジメントを行う専門家のことを指します。

 

マンションの適正な管理を行うために設けられた資格です。

 

主な業務として、マンションの委託契約に関する重要事項の説明や契約書の交付、管理事務の報告を行うことなどがあります。

 

 

また、管理業務主任者についてはマンション管理業者の事務所ごとに、国土交通省令で定める数の設置が義務づけられています。

 

義務だけに、管理業者は絶対に守らなければなりません。

 

そのため、管理業務主任者は管理業者がなくならない限り、必要不可欠な資格と言えます。

 

マンション管理士とは?

マンション管理士とは、マンション管理を適正に行うため、管理組合や区分所有者の相談に応じ、助言や指導、援助などのコンサルティング業務を行う専門家です。

 

マンション管理には、マンション管理組合の運営、大規模修繕など、いろいろなものが含まれます。

 

簡単に言うと、マンション管理に関するさまざまな問題を解決するアドバイザーです。

 

管理業務主任者 マンション管理士

 

管理業務主任者とマンション管理士の違いとは?

管理業務主任者はマンション管理業者側、マンション管理士は住民側(管理組合、区分所有者)に関する国家資格です。

 

よく似た資格ですが、業務の内容はまったく異なります。

 

 

もう1つ大きな違いがあります。

 

それは、業務に関してです。

 

管理業務主任者は業務独占資格です。

 

業務独占資格とは、この資格を有する者でなければできない業務がある資格のことです。

 

資格がないとできないので、資格を有する者に業務を任せるしかないのです。

 

そういう意味では、必ず需要はあります。

 

 

一方のマンション管理士は名称独占資格です。

 

名称独占資格とは、その資格名を名乗るためにはその資格が必要であるというものです。

 

しかし、業務独占資格のように資格を有する者でないとできないという業務はありません。

 

マンション管理士には、マンション管理士でないとできない業務はありません。

 

資格がなくてもできる業務しかないのです。

 

そういう意味では、必ずしも需要があるとは言えません。

 

 

これらのことから、管理業務主任者の方が就職や転職に役立つ可能性が高いです。

 

ただ、試験の難易度はマンション管理士の方が難しいです。

 

管理業務主任者の年収について

管理業務主任者の仕事は、マンション管理会社でマンション管理の適正化を図るために、マンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告などを行います。

 

管理業務主任者は資格の性質上、弁護士や税理士などのように独立開業する資格ではありません。

 

そのため、資格者は企業に雇われることになります。

 

もちろん、マンション管理会社自体を自身で作れば別ですが。

 

個人では、なかなか簡単には作れません。

 

このことから、年収は業界の平均年収とあまり変わりません。

 

 

ビル管理の業界では、平均年収は約400万円ぐらいと言われています。

 

会社の規模や勤続年数、役職などによっても、かなり変わってきます。

 

600〜800万円ほど稼いでいる人もいます。

 

資格手当が支給される会社が多いようです。

 

 

最近は、マンション人気が高まっています。

 

そのため、管理業務主任者自体の需要は安定していると言われています。

 

大きく稼ぐことは難しいかもしれませんが、サラリーマンの平均年収ほどであれば、十分稼ぐことは可能です。

 

管理業務主任者 年収

 

 

また、他の資格とのダブルライセンスで活かすという方法もあります。

 

例えば、相性のよい資格として宅地建物取引士があります。

 

宅地建物取引士として、マンションの賃貸借に関する業務を行う際に、管理業務主任者の知識を活かし、さまざまなアドバイスを行うことが可能になります。

 

他の宅地建物取引士との差別化が図れ、大きな武器になることは間違いありません。

 

このように、他の士業でその知識を活かせれば、かなり稼ぐこともできます。

 

あとは、営業センスや努力次第です。

 

管理業務主任者の求人について

不況に強い資格として、宅地建物取引士の名前がよく挙がります。

 

いろいろな業界で、その知識を活かせるということもありますが、宅建業者内に一定の割合で有資格者を設置する義務があるのが大きいです。

 

これにより、有資格者を雇用する必要性が出てきます。

 

管理業務主任者 求人

 

 

管理業務主任者も同様です。

 

マンション管理業者は、マンション管理組合数30組合につき、1人以上の管理業務主任者を設置する義務があります。

 

そのため、有資格者が募集されることがあります。

 

 

管理業務主任者は、マンションがある限り、需要がなくなることはありません。

 

普通に考えて、世の中からマンションがなくなることはあり得ません。

 

 

活躍の場として分譲マンションをイメージしがちですが、オフィスビルや投資用マンションの管理運営などでも、今後ますます管理業務主任者資格が活かされることが予想されます。

 

そういう意味でも、将来性はあります。

 

持っていれば、就職・転職の大きな武器になり、収入面でも資格手当がつく会社が多いので、かなり役に立ちます。

 

管理業務主任者とおすすめのダブルライセンス

管理業務主任者とおすすめのダブルライセンスについてご紹介します。

 

いくつか相性のよい資格があります。

宅地建物取引士

もっとも相性がよいと言われているのが、宅地建物取引士です。

 

宅地建物取引士は、不動産関連資格の王様的な存在です。

 

不動産関連の他資格の業務と直接関連することが多いです。

 

仮に直接関連しなくても、宅地建物取引士で学んだ知識は業務のどこかで活かせます。

 

 

管理業務主任者も例外ではありません。

 

宅建業者がマンションを扱うこともあり、顧客に対してさまざまなアドバイスをすることができます。

 

また、宅建業者自体がマンション管理業を営んでいることがあります。

 

その場合には、最大限に管理業務主任者資格を活かせます。

 

両資格を取得できれば、大きなメリットになります。

 

 

また、受験勉強においても、両資格は試験科目がたくさん重なっています。

 

どちらか先に取得すれば、もう一方の資格の勉強はかなり楽になり、早期合格も夢ではありません。

 

管理業務主任者 ダブルライセンス

マンション管理士

マンション管理士も、比較的相性がよいです。

 

管理業務主任者と同様、マンションの適正管理に関する資格です。

 

業務の知識面では大きなメリットになります。

 

 

また、両資格の試験科目は大幅に重複しています。

 

そのため、資格学校によっては、W合格を目指すコースもあるぐらいです。

 

管理業務主任者に合格してから、難易度が高いマンション管理士にステップアップするのもよいです。

 

 

 

他にもあるかもしれませんが、一般的には宅地建物取引士とマンション管理士が相性のよい資格としてよく知られています。

 

ダブルライセンスを検討してみるのもよいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ