宅建(宅建士)試験の勉強方法!独学か学校か

宅建(宅建士)試験の勉強方法!独学か学校か

宅地建物取引士試験は、年々難易度が上がってきています。

 

「宅地建物取引士」へと名称変更されてから、さらに難化したように感じます。

 

宅建業法で個数問が増えたり、今まで以上に細かい知識を問う問題が出題されたりと、多くの受験生の得点源だった宅建業法で大きく得点を稼ぐことが容易ではなくなりました。

 

それに加えて、従来から難しいと言われてきた権利関係も、相変わらず難しいままです。

 

宅建(宅建士)試験の勉強方法

 

 

試験の難化により、各資格学校はより本試験に対応しようと、カリキュラムや教材をバージョンアップさせていくことが予想されます。

 

そうなると、資格学校を利用する受験生のレベルが上がるでしょう。

 

独学で、そのような受験生と対等に戦えるのかと言えば、かなり厳しいかもしれません。

 

しかし、それでも難易度的には独学でも取れると信じています。

 

市販のテキストや問題集もよくなるでしょうし、模試などを有効活用すれば、まだまだ独学も不可能ではないと思います。

 

 

ただ、以前ほどは取りやすくはないように感じています。

 

短期で効率的に合格したい人、独学での勉強に自信がない人は、通信でもよいので資格学校を利用した方がよさそうです。

 

 

標準学習期間

4ヵ月から1年”と言われています。

 

4ヵ月というのは、かなり時間がある人でないと、通常は難しいと思われます。

 

しかし、6ヵ月以上かけて十分な学習を行えば、合格できる実力はつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ